ピアノ調律・販売・修理・同行査定 神奈川横須賀横浜東京千葉:株式会社サウンドウェーブ お問合せは0120-66-3201


ピアノ調律・販売・修理・同行査定 神奈川横須賀横浜東京千葉:株式会社サウンドウェーブ お問合せは0120-66-3201
<< 昭和30年代のピアノ | main | 2大ブランド >>
昭和30年代のピアノ
昭和30年代は日本のピアノ作りの過渡期でした。今までに無いほどピアノを買う人が増えて、各メーカーが増産に増産を図ります。良いピアノを作ろうとする半面コストを下げ他のメーカーに勝つことも大事になります。このカワイのK8型もその考えの洗礼を受けました。初期のものからコストを下げており、ハンマーフェルトのホッチキスまで無くして倹約し、年数が経つとハンマーフェルトが取れてしまいます。
でもこんな失敗を繰り返し日本の会社は強くなりました。
| - | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.pika2piano.com/trackback/1172087
トラックバック
カテゴリー
最近のスタッフ日記
最近のお客様からのコメント
最近のトラックバック
スタッフプロフィール
ホームページ
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES